人事総務検定とは?勉強方法と魅力を紹介!
スポンサーリンク

人事総務検定とは?

人事や総務のスペシャリストになりたいとか、人事や総務の部署に配属されたいと思っているのであれば、人事総務検定を受けてみてはどうでしょうか。

人事総務検定は、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催している資格で、実施団体はLEC東京リーガルマインドとなっています。

3級は、担当者レベルの内容で、人事総務に関する基本事項を学習します。

2級は、主任レベルの内容で、実務や労務管理など、人事総務の専門的な内容を掘り下げていきます。

1級は課長レベルとなり、人事労務のスペシャリストとして高度な内容を学習し、指導的な業務を行える内容となっています。

人事総務検定の勉強方法

人事総務検定の3級は全2回、2級の場合は全4回の特別講習を受講したあと、確認テストを受けて合格すれば、資格を取得することができます。

一方、1級は特別講習が存在せず、検定試験に合格する必要があります。

 

人事総務に関して、幅広い内容を学んでいく必要があるので、人事総務の業務に携わっている人のほうが、内容を理解しやすいでしょう。

社会保険労務士の資格取得のために勉強している人であれば、出題内容が重複していることが多いので、勉強をするのに大変有利となります。

また、既に社会保険労務士の資格を保有している人の場合でも、人事総務検定の出題内容が実務に関するものが含まれているので、社会保険労務士として仕事をするのに、とても役立つ内容となっています。

人事総務検定の魅力

人事総務検定に合格すると、人事総務のスペシャリストとして、企業内外でアピールすることができます。

もちろん、実務についても幅広く学ぶことができるので、社員一人一人の問題に向き合い、きめ細やかに対応していかなくてはならない人事総務の業務において、実践できる内容となっています。

また、人事総務にすでに就いている人で、将来的には社会保険労務士の資格を取得したいと思っているならば、資格取得の前哨戦として、学ぶことができる内容となっています。

まとめ

人事総務は企業において必要な業務であり、幅広い内容を理解する必要があります。

人事総務検定では、人事総務について最初は幅広く、1級になると知識を掘り下げて学ぶことができます。

検定合格後は、スペシャリストとしてアピールできるようになりますし、社会保険労務士の出題範囲の一部も勉強もすることができます。

2級と3級は特別講習と確認テストを受けることで資格をゲットできますから、まずは基本レベルから学んでいってください。

スポンサーリンク