音楽療法士とは?やりがいと勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

音楽療法士とは?

音楽は人と人を繋げ、時には人を良い気持ちにさせたり、時には人をリラックスさせたりする効果があります。

音楽療法士は、音楽が持つこれらの良い効果を、お年寄りやお子さん、障害を持っている人たちにもたらすことで、あらゆる病気や障害の症状の改善や、知能の発達などを促すことができます。

 

音楽療法士は国家資格ではなく、色々な団体が民間資格として称号を授与していますが、その中でも日本音楽療法学会が認定している音楽療法士の資格は、メジャーであると言えます。

民間の資格であるため、色々な人が音楽療法士と名乗ることができる状態ではありますが、前述した日本音楽療法学会のような知名度のある団体で、きちんと学んで専門的な知識を身につけて音楽療法士として名乗れば、信用も厚く、仕事の機会などにも恵まれるので、おすすめです。

音楽療法士の仕事とやりがい

音楽療法士の資格を取得すると、病院や高齢者施設、障害者福祉施設など、色々なところで働くことができます。

音楽療法の仕事は、正社員での就業は難しいのが現状ですが、その分、複数の施設を掛け持ちして、仕事をしていくことが可能です。

音楽療法の有用性は広まってきているので、音楽療法士の資格を取得していると、就職先を見つけやすいでしょう。

 

音楽療法士として働くのであれば、音楽の知識があることはもちろん、医療や福祉、心理学など、関連する分野を学ぶ必要があります。

常に勉強していくことを苦に思わず、音楽を通して人の可能性を引き出せることを楽しいと思える人が向いている仕事だと言えます。

車椅子を利用している人が立ち上がったり、言語障害がある人が言葉をうまく話すようになったりなど、特別な瞬間に立ち会えるのが、音楽療法の仕事のやりがいと言えます。

音楽療法士の勉強方法

日本音楽療法学会が認定する音楽療法士になることを決めたのであれば、高校を卒業して、音楽療法士の資格を取得できる専門学校に通うのが一般的です。

こちらで約3年ほど音楽の実践や臨床などを経験して、試験に合格すれば、音楽療法士の資格を取得することができます。

また、日本音楽療法学会が認定している大学や短期大学、専門学校で必要な単位を取得して、資格試験に合格する方法でも、音楽療法士の資格を取得することができます。

まとめ

音楽療法士の資格を持っていると、病院や障害者施設などで働くことができる可能性が高くなります。

病気や障害などで苦しんできた人たちが、音楽によって輝く瞬間をサポートするやりがいのある仕事ですから、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク