介護福祉経営士とは?勉強方法と魅力を紹介!
スポンサーリンク

介護福祉経営士とは?

少子高齢化が進んだ日本では、介護業界は大変ニーズがある分野となっており、競争が激化してきています。

施設を利用する人たちに質の良いサービスを提供したいと思っていても、経営状況が芳しくなければ、すぐに倒産の危機に陥ってしまいます。

 

そこで登場したのが介護福祉経営士の資格で、一般社団法人日本介護福祉経営人材教育協会が2013年から資格試験を実施しています。

東京商工リサーチによる調査によると、2016年の介護事業の倒産件数は108件であり、介護業界の競争激化の中、小規模福祉施設・介護施設は、福祉という特殊な業界の中で生き残るために必要な経営のエッセンスを学ぶ必要があり、それには、介護福祉経営士の資格取得で学んだ知識が役に立つようになっています。

介護福祉経営士の勉強方法

介護福祉経営士の勉強では、介護福祉に関する法律や財務管理、コスト削減、介護報酬の対応方法など、福祉施設を運営していく上で必要な知識を習得しなければなりません。

介護福祉経営士には1級と2級があり、2級では受験資格はありませんが、1級の受験資格は2級の試験に合格し、かつ介護福祉経営士として協会に登録していることが条件となっています。

 

2級では介護福祉経営に関する基本的な内容を学びますが、1級は介護福祉に関する組織構築やマーケティング、ITシステムなど、あらゆることを掘り下げて学ぶことができます。

協会では、資格試験に対応したテキストを販売していますので、それらを利用して勉強していくことをおすすめします。

また協会では試験対策として「ポイント整理講座」などのお知らせをしているので、こまめに協会のホームページをチェックしておくと良いでしょう。

介護福祉経営士の魅力

介護福祉経営士の資格を取得をしている人は、大半がケアマネジャーや介護福祉士などとして、実際に介護施設・福祉施設で働いている人です。

介護施設や福祉施設は多いものの、経営力のある人材は乏しく、これからの介護業界を背負って立つ人材はどの施設でも切望されています。

介護業界に限った内容ではなく、コスト削減や人材管理など将来の自分のキャリアアップに繋がる内容となっているので、勉強してみる価値がある資格と言えます。

まとめ

競争が激しくなってきている介護業界の中で、経営力のある人材は必要とされています。

介護業界に限らず、あらゆる業界で必要とされる知識の習得ができる資格ですから、勉強してみることをおすすめします。

スポンサーリンク