経営学検定とは?メリットと勉強方法を紹介!
スポンサーリンク

経営学検定とは?

経営学検定は、一般社団法人日本経営協会が運営・実施している、経営力が備わっているかを測る検定で、平成27年度より「マネジメント検定」という呼称も使用されています。

経営学検定は初級・中級・上級と3段階に分けられており、初級では大学2〜3年生が学ぶ経営学の基礎的な内容となっていますが、中級ではさらに経営について体系的に学べる内容となっており、マネージャーレベルの知識が必要となります。

上級にいたっては、ビジネスの構想力や戦略策定など、経営者や経営幹部の知識が必要とされる内容となっており、MBA取得レベルの内容となっています。

経営学検定のメリット

経営者レベルの人にとっては、あらためて、経営能力を磨くきっかけになりますし、経営者でなくとも、例えば学生であれば就職に、或いは社会人であれば、キャリアアップに繋がる可能性が出てきます。

経営に携わる仕事をしていなくても、日々の業務において経営のエッセンスを加味しながら実践していけば、より充実した仕事をすることができるようになるでしょう。

実際に産業界では、経営幹部の養成に利用されているほどの検定試験なので、社会人として学んでみる価値はあります。

経営学検定の勉強方法

経営学検定の初級と中級に関する勉強方法は、日本経営協会が販売している公式テキストや過去問を利用すると良いですし、資格の学校TACなどでも専門講座が用意されているので利用すると良いでしょう。

中級は人的資産管理やマネジメントなどの第一分野とマーケティングやIT経営などの第二分野に分かれており、どちらも合格する必要があります。

これらの問題の他に時事問題も出題されるので、日々世界で起こる出来事に注意を向けておいてください。

 

上級の合格は、経営の専門知識だけでなく、実践的な経営能力も必要となってきます。

中級を3年以内に合格しておく必要があり、かつ一次試験に合格したあと、二次試験にも合格する必要があります。

二次試験ではレポートの作成や、ディスカッション、プレゼンテーションなどをする必要がありますから、日々の業務で、これらの分野で実践を積んでおく必要があります。

まとめ

経営学検定は、経営学の基礎から学ぶことができ、最終的にはより実践的な経営力を身に着けることができる資格なので、学生から、社会人、経営者まで幅広い範囲で活用することができる資格となっています。

ただ毎日仕事をするだけでなく、経営を意識しながら業務を行うことで、より充実した仕事人生が送ることができるようになるはずです。

スポンサーリンク