福祉心理アドバイザーとは?勉強方法とやりがいを紹介!
スポンサーリンク

福祉心理アドバイザーとは?

福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター技術協会が主催・認定している心理系の資格です。

少子高齢化が進んだ日本では、福祉施設や介護施設が多く存在していますが、福祉という発展途上の業界で、正しい専門知識と対応力を持った人材が不足しています。

たとえ、施設で質の良いサービスを提供することができていても、それが利用者の心に響くものでなければ、なんの意味もありません。

そこで登場するのが、福祉心理アドバイザーで、施設の利用者に限らず、福祉サービスを受ける方々の気持ちを汲み取って、最前の方法をアドバイスすることができます。

 

突然体が不自由になってしまった人、生まれつき障害を持っている人、お年寄りの方々など、それぞれが自分の現状や将来に不満や不安を持っているものです。

また心の悩みを持っている人も、どうして良いか分からないと悩んでいるでしょう。

そんな時、福祉の専門知識を持った福祉心理アドバイザーが、悩んでいる人に寄り添い、最適な方法をアドバイスするのが、福祉心理アドバイザーの仕事です。

福祉心理アドバイザーの勉強方法

福祉心理アドバイザーの勉強方法は、資格試験に対応している講座を受講することが近道です。

福祉や心理学に関する添削課題を提出していくことで、専門知識を得ることができます。

試験は在宅で行われるので、難易度が低いと言われていますが、幅広い内容となっているので、集中して勉強することをおすすめします。

福祉心理アドバイザーやりがい

障害を持っている人やお年寄りの方々、心の病を持っている人たちが、自分のアドバイスをきっかけとして、社会復帰を果たしてくれた時に、福祉心理アドバイザーとして働くやりがいを感じることができるでしょう。

社会復帰に至らなかったとしても、過去を振り返ることをやめ、毎日を楽しく前向きに生きようと考え始めてくれれば、それだけでも、福祉心理アドバイザーとして働いて良かったと思えるでしょう。

福祉心理アドバイザーの資格を持っているからといって、福祉施設などでの仕事を見つけやすいとは言えませんが、取得していることで、面接や異動の際などに、やる気をアピールすることができます。

まとめ

障害を持っている人や心に悩みを持っている人に寄り添い、最適なアドバイスをすることができるのが、福祉心理アドバイザーの仕事です。

アドバイスをした人たちが、より良いスタートを切る手助けをすることで、大きなやりがいを感じる仕事ですから、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク