任意後見コンサルタントとは?勉強方法とメリットをご紹介!
スポンサーリンク

任意後見コンサルタントとは?

任意後見コンサルタントは、内閣府認証を受けているNPO法人の任意後見コンサルト協会が実施・認定している資格です。

任意後見制度や成年後見制度に関する専門知識を有していることが証明できる資格で、任意後見コンサルタントであれば、これらの制度を紹介したり、自らが後見人になって後見事務を行うこともできます。

後見事務とは、不動産や預貯金の管理、税金や公共料金の支払いなどの財産管理の他に、要介護認定の取得や介護サービスの利用契約、老人ホームの入居契約などの生活面のバックアップも含まれます。

今現在は判断能力になんの問題がなくても、年を重ねていくことによって、判断能力が不十分になることがあり得ます。

その時のリスクを避けるために、判断能力があるうちに、任意後見制度の契約を結んでおこうと考える人が増えています。

他人の財産や生活などをサポートする仕事になるので、責任は重大ですが、これから需要が高まる可能性がありますし、何より人助けになるというやりがいを感じることができる仕事です。

任意後見コンサルタントの勉強方法

任意後見コンサルタントの資格は、初級と中級、上級に分かれており、初級は受験資格がありませんが、中級は初級を取得して1年以上経過、上級は中級を取得して1年以上経過という受験資格を満たしている必要があります。

任意後見コンサルタントの試験勉強は、協会などが出版しているテキストを使って行うのが良いでしょう。

相続や遺言など出題範囲が広いので、集中して勉強することが必要です。

一般的な内容も含まれていますが、専門分野が多く占めており、また初級であっても合格率が50%であることを鑑みると、着実に知識を深めていったほうが良いでしょう。

任意後見コンサルタントのメリット

任意後見コンサルタントの資格を取得しているからといって、就職に有利に働くわけではありません。

しかし少子高齢化が進む日本において、ますますこの任意後見コンサルタントの重要性が増してくることが予想されますから、今のうちに取得しておくのも良いでしょう。

任意後見コンサルタントの資格だけで仕事を得るのは難しいかもしれませんから、FPなどを取得していて、それに追加して取得している人も多いです。

自分の仕事の幅を広げるというメリットを考えて、取得してみると良いのではないでしょうか。

まとめ

少子高齢化が進む日本では、判断能力があるうちに任意後見制度を結ぼうという人が増えてきています。

任意後見コンサルタントの仕事は、他人の財産などを管理する責任重大な仕事ですが、やりがいは大きいでしょう。

スポンサーリンク