営業力強化検定とは?魅力とメリットをご紹介!
スポンサーリンク

営業力強化検定とは?

営業力強化検定とは、ビジネス能力認定サーティファイが行っている、営業力を測る試験です。

営業に関する基礎的な事項や、顧客対応力、マーケティング力などを数値化して表されるので、自分が行っている営業のどこが良くて、どこを修正するべきなのかが分かります。

営業力強化検定は落とすための試験ではなく、自分の営業力を知るための試験なので、難易度は低く、団体試験の合格率は80%を超えています。

 

しかし、提案書の作成方法やビジネスマナーなど、営業職だけでなく、多部署の人でもためになる内容も含まれているので、営業職に関係なく、試験を受けたほうが良いでしょう。

営業力強化検定を実施しているサーティファイでは、公式テキストとして、「図解 売れる営業ABC」を紹介しています。

こちらのテキストは、顧客に喜ばれる営業のポイントが、詳しく説明されているので、営業力強化検定を受ける前には必ず目を通しておいてください。

営業力強化検定の魅力

営業力強化検定は、webでいつでも受けることができる試験です。

50問を50分で解答するようになっており、いつでもどこでも検定を受けることができます。

社会人になってから、資格試験を受けるとなると、どうしても身構えてしまうものですが、営業力強化検定は気軽に受けることができるのが魅力と言えます。

また50問の問題をweb上で答えて送信するだけで、すぐに結果が分かるということも、忙しい社会人にとってありがたいサービスだと言えます。

自分の営業力が、マーケティングや顧客対応などの5項目のチャート形式で表されるので、一目で自分の長所と短所を把握できます。

営業力強化検定のメリット

営業成績が上がらないと悩んでいても、その理由が分からないことが往往にしてあります。

そんな時、勉強して営業力強化検定を受けてみれば、自分に何が足りないかを把握することができます。

また、全国の営業マンの成績と比較することもできるので、モチベーションアップにもつながります。

まとめ

営業力強化検定はwebからいつでも気軽に受けることができる試験ですが、自分の営業力を測る上でとても有効なツールとなりえます。

ビジネスマナーなど、社会人としての基礎的な事項も出題されるので、営業職でない人でもメリットのある試験となっています。

営業力強化検定で自分の営業力を把握し、長所と短所を見極めた上で、更なるスキルアップを目指してください。

スポンサーリンク