サービス接遇検定とは?メリットと将来性をご紹介!
スポンサーリンク

サービス接遇検定とは?

サービス接遇検定は、公益社団法人実務技能検定協会が実施しているビジネス系の検定です。

サービス系の職種に関わらず、相手に気持ち良いと思ってもらえる「おもてなし」の精神が、今日重要となってきています。

サービス接遇検定では、サービス接遇の基本事項や、顧客心理、応対方法などを学び、接遇技術や知識の習熟度を測ることを目的としています。

 

サービス接遇検定は3級、2級、準1級、1級があり、3級と2級は筆記試験のみです。

3級は基礎的な事項を、2級は応用力が必要となる試験なので、3級よりも記述式の問題が多いのが特徴となっています。

準1級は接遇の基本は抑えているということで、面接のみの試験となっており、言葉使いや顧客対応などをチェックされます。

1級は筆記試験と面接試験が行われます。

筆記試験では記述式が中心ですし、面接試験では、電話でのセールスなどのロールプレイングが行われます。

サービス接遇検定のメリット

サービス接遇検定の勉強では、顧客対応や、丁寧な言葉遣いなど、どのような企業で働いていても役に立つ内容となっているので、社会人としてのマナーを身につける意味でも、取得しておくことをおすすめします。

サービス接遇検定の勉強をして、お客様に良い対応ができるようになれば、ホテルやレストラン系の就職に有利に働きます。

顧客対応に関しては、営業や受付など色々な部署で必要とされる能力ですから、人事異動の際のやる気のアピールとしても使うことができる資格です。

サービス接遇検定の将来性

サービス接遇検定の3級から準1級は、合格率が70%を超えており、比較的簡単に試験に合格することができます。

しかし1級の合格率は、とても低く、例えば2018年11月では、34.8%となっています。

サービス接遇検定に興味があるのであれば、1級まで取得していると、どんな時でも自信を持って顧客の対応ができるというアピールができるので、就職の際や人事異動の際に有利です。

昨今の日本では、よりハードからソフトな業界への比重が高まっており、どんな時でも適切な顧客対応ができる人材は、求められてきていますから、サービス接遇検定で得た知識はきっと役に立つでしょう。

まとめ

ホテルやレストランなどのサービス業に限らず、多くの企業において、おもてなしの精神は必要とされています。

サービス接遇検定では接遇に関して基本事項から学ぶことができますので、取得しておくと、就職などで有利に働く可能性があるのでおすすめです。

スポンサーリンク