社会常識マナー検定とは?勉強方法と魅力をご紹介!
スポンサーリンク

社会常識マナー検定とは?

社会常識マナー検定は、公益社団法人全国経理教育協会が主催している資格です。

元々は昭和59年に秘書能力検定とした誕生した資格ですが、その後社会常識能力検定に名称変更し、平成27年に社会常識マナー検定に生まれ変わりました。

社会常識マナー検定では、ビジネスにおいて必要な社会常識をはじめ、意思伝達スキルや、ビジネスマナーなどを学ぶことができるので、現在働いている人が自己啓発の一つとして学ぶのはもちろん、これから就職を控えている学生たちにも人気があります。

社会常識マナー検定は、3級から1級まであり、3級と2級はマークシート方式で、社会常識の基本事項に関する内容となっていますが、1級は記述式で、トラブル対応やリーダーシップ、後輩指導などより高度な内容となっています。

そのため合格率は、3級・2級が70%台、あるいはその前後であるのに対し、1級は30%台となっています。

社会常識マナー検定の勉強方法

社会常識マナー検定の勉強をするのであれば、協会が発行しているテキストを利用することをおすすめします。

出題内容を満遍なく網羅しているので、基本を抑える意味で勉強しておくと良いでしょう。

 

しかし、社会常識マナー検定では漢字能力や時事問題なども出題されますから、テキストだけにとどまらず、幅広く勉強しておくことをおすすめします。

例えば漢字検定のテキストを使って漢字を勉強したり、新聞などを見て時事問題に関心を持ったりすることも良いでしょう。

社会常識マナー検定の魅力

社会常識マナー検定を取得したからといって、どこの企業でも就職しやすくなるというわけではありません。

しかし、社会常識マナー検定では、社会人として必要なコミュニケーション能力や、ビジネスマナーを学ぶことができるので、どんな時でも物怖じせずに対応できる能力を身に着けることができます。

社会人として自分をブラッシュアップさせることができるので、身につけておくことで、自信を持って対処できるようになります。

まとめ

社会常識マナー検定は就職活動をしている学生や、自分をブラッシュアップしたい社会人にとって、とても有益な内容となっています。

社会常識マナー検定を取得することで、どんな状況でも乗り切ることができるビジネスマナーやトラブル対応を学ぶことができます。

これからの社会人人生で、自信を持って仕事をしていくために、ぜひ勉強してみてください。

スポンサーリンク