ビジネスコンプライアンス検定とは?将来性とメリット!
スポンサーリンク

ビジネスコンプライアンス検定とは?

ビジネスコンプライアンス検定は平成17年に設立されたサーティファイ コンプライアンス検定委員会が主催している資格です。

コンプライアンスと言うと、言葉通り「法令遵守」という概念が強く、どうしても社員が自律的に考えることが少なくなり、会社全体がコンプライアンスについて議論することを止め、結果的に閉塞感で満たされてしまいます。

 

しかし、ビジネスコンプライアンス検定で学ぶ「コンプライアンス」とは、「しなやかなと鋭敏さ」であるとしており、こちらを学ぶことで社員が、主体的な発想で法令を守るように考えることができるようになるとしています。

法令の目的やその社会的背景を社員が自らの問題として捉え、それを組織の中でいかに共有していけば良いか考える知識や能力を育むのが、ビジネスコンプライアンス検定です。

ビジネスコンプライアンス検定の将来性

最近の日本では、会社だけでなく社員による不祥事によって、企業全体の信用を失墜させてしまうことが多々あります。

そんな中、既存の概念に囚われることなく、より柔軟な形で、コンプライアンスに取り組むことができる知識と能力を養うことができるビジネスコンプライアンス検定は、とても将来性がある資格だと言えます。

ビジネスコンプライアンス検定のメリット

ビジネスコンプライアンス検定はBASIC、初級、上級があり、BASICは理解度に応じて、A、B、Cの3段階評価をしてくれます。

BASICや初級は、コンプライアンスの基礎について学ぶことができる内容となっているので、パートタイマーや、契約社員、一般社員の受験に向いています。

上級は、コンプライアンスに関する問題解決や価値判断基準などを学ぶように構成してあるので、経営者や役員クラスの受験に向いています。

 

ビジネスコンプライアンス検定を実施することで、社員がコンプライアンスを意識して行動するようになります。

さらに、コンプライアンスを体系的に理解することができるようになることで、社会が企業に求めているものは何かを把握することができます。

それらの積極的な変化が、最終的に企業ブランド力を向上させるというメリットをもたらすのです。

まとめ

ビジネスコンプライアンス検定で学ぶことで、社員が、コンプライアンスを今までの「法令遵守」という堅苦しいイメージと捉えるのではなく、より柔軟なものとして捉えるようになります。

そうすることで、社員が社会の要請をキャッチし、より主体的に動くようになり、ひいては企業ブランド力の向上をもたらすことができるのです。

スポンサーリンク