『スマホアプリ制作』で副業!仕事内容と難易度、メリット・デメリットは?
スポンサーリンク

仕事内容と難易度

アプリはスマホなどにインストールして使うものですが、実は制作するのはそれほど難しいことではありません。

書店にいけば参考書がたくさん並んでいますし、最近ではアプリ開発イベントなどもよく開催されています。

今や、スマホアプリを個人で制作するのはとても身近なものといって良いでしょう。

HTMLやCSS、JavaScriptといったコンピューター言語を習得してしまえば、意外と簡単に作ることができてしまいます。

 

制作したスマホアプリは、多くの人がインストールしてくれれば収入を得ることも可能なわけですが、現実的にはそれほど甘いものではありません。

本業ならともかく、副業という少ない時間内で一定の収入を得るとなると現役のエンジニアでも簡単な話しではないのです。

始め方

とはいえ、うまくいけばスマホアプリ制作を副業で成り立たせるのも夢ではないでしょう。

前述のように一定の知識を得て制作をしたら、そのアプリを有料化するというのが手っ取り早い方法です。

料金は自分で決めることができますし、あとはダウンロードされるだけで収入になります。

 

しかし、たくさんあるアプリから選んでもらうのは至難の業なので、とりあえずアプリは無料にしておいてその後に課金してもらうのもおすすめです。

機能を追加する時やシステムの強化などに課金されるようにするわけです。

さらに簡単にできるのが、収入は期待するほどのものにはならないものの、広告を貼っておくという方法もあります。

メリット・デメリット

このように、知識さえあれば手軽に始められるのがスマホアプリ制作のメリットです。

それでも前述のように収入をガッチリ得るのが難しいのにはさまざまな理由があります。

 

まず、誰でも簡単にアプリ開発ができるようになったことからライバルが大勢いることが挙げられます。

売り出すためにはアプリストアに並べるのですが、ここには企業が作ったハイクオリティなアプリがひしめき合っています。

すると、個人で制作したアプリはどうしても見劣りしてしまうので、ダウンロードされる可能性も低くなってしまうのです。

最近ではそんなデメリットの方が際立っているといってよさそうです。

まとめ

スマホアプリ制作を副業にするには、利用者のニーズを的確に把握するとともにクオリティーの高いものを制作することが必要です。

利用者のニーズを先取りするようなアイディアを持ち、多くの中から人目をひく斬新なデザインを制作することが大切といえるでしょう。

スポンサーリンク