『データ入力』アルバイトで副業!どのくらい稼げる?メリット・デメリットについて!
スポンサーリンク

仕事内容、始め方

データ入力というのは、紙の伝票などのデータをパソコンで入力していく仕事です。

データは伝票の他に、企業内情報や顧客情報などさまざまなものがあり、名刺や住所録、アンケートといったものもあります。

現在でも紙で情報を管理している企業は結構あるので、データ入力のお仕事もコンスタントに存在しています。

 

データ入力は、特に資格が必要ではないことから、パソコンなどがあれば誰でも気軽に始めることができます。

お仕事は、クラウドワークスやランサーズといったサイトが人気を集めており、いずれも常に多数の案件を抱えています。

特にクラウドワークスは日本最大級ともいわれるクラウドソーシングサイトなので、案件探しに困ることはないでしょう。

自分の好きな時に気軽に取り組める短期の案件もたくさんあります。

どのくらい稼げる

資格も不要で簡単にできるデータ入力ですが、残念ながらあまりたくさん稼ぐことは期待できないといって良いでしょう。

また、単純作業であることから、副業として一人で行っていると飽きて続かないというケースも少なくありません。

時給でいえば700~800円になれば良い方で、中には入力に手間取るばかりで時給50~60円にしかならなかったということもあるようです。

特に報酬が低いのは名刺のデータ入力といえます。

1枚すべての情報を入力して数円程度にしかならないので、相当数を入力しなければ報酬と思えるような金額にならないようです。

とはいえ、慣れてきて入力もスピーディーにできる人なら空いた時間に少しでも稼げる気軽な副業ということもいえるでしょう。

クラウドワークスのようなサイトでお仕事するなら、まずは簡単にできる案件をどんどんこなしていって評価を高めるようにするのがおすすめです。

メリット・デメリット

データ入力アルバイトのメリットは、自分の好きな時間に好きなだけできることでしょう。

自宅で手軽にできることから通勤する煩わしさもなく、好きな恰好でできて人付き合いをする必要もなしです。

作業のすべてがネット上で行えるので一度良さを味わってしまうと会社勤めができなくなってしまうかもしれません。

 

一方のデメリットですが、やはり前述したように報酬が低い案件が多いことが挙げられます。

また、単純作業なので飽きて効率が悪くなったり、長期案件は自分でスケジュール調整しなければいけません。

まとめ

自宅で何の煩わしさもなく行えるデータ入力は、気軽にスタートできる副業の代表格といって良いでしょう。

単純作業が苦にならず、コツコツと積み上げていける人に最適です。

スポンサーリンク