『イラストレーター』で副業!仕事内容、メリット・デメリットは?
スポンサーリンク

仕事内容

好きなことで食べていくのは理想的な生き方の一つに違いありません。

例えば絵を描くのが好きな人なら、イラストレーターで生計を立てていくというのは理想的な生き方といえるでしょう。

もちろん現実はそう簡単な話しではないとしても、副業としてならある程度成り立つかもしれません。

 

最近では、イラスト素材を自由に販売できるサイトが数多くありますし、クラウドソーシングサイトなどで仕事を請け負うこともできます。

また、ネット上にはイラストや写真を無料でダウンロードできるサイトがよくあるので、そのようなサイトにクリエイターとして登録するという方法もあります。

ダウンロードするのに料金は発生しませんが、クリエイターには少ないながらも報酬が入ってくるシステムになっています。

どのくらい稼げる?

副業としてイラストレーターをする場合、ホームページのロゴや広告バナー、ブランドキャラクターなどの作成、ポスターの挿絵作成といったことが仕事となります。

報酬はピンキリですが、ロゴ作成であれば一つ5,000円~60,000円くらいになるでしょう。

高い単価のものとなれば相応のレベルが必要とされるのは言うまでもありません。

 

また、広告バナーであれば10,000円くらいが相場で、ビギナーでも取り組みやすいボリュームといえます。

一方、マスコットキャラクターの作成となると高ければ30万円を超えるものもあり、コンペで勝ち取るといったことが必要となります。

ビギナーの場合、単価の低いものから実績を積み重ねて大きなものにチャレンジしていくと良いでしょう。

メリット・デメリット、おすすめの人

イラストレーターを副業とするメリットは、やはり好きなことで収入を得られるということです。

本業で働くとなれば苦手なジャンルばかりを任されるといったことになり兼ねませんが、副業であれば本当に好きなイラストを描いていられるのです。

たとえ最初はまともな収入にはならなかったとしても好きなことをしているという満足感もあるでしょうし、経験を積んでファンが増えれば収入も高くなる可能性があります。

 

とにかく絵を描くのが好きという人には最適な副業です。

一方のデメリットは、なかなか収入に結びつかないということでしょう。

また、座りっぱなしで運動不足になるといったことも挙げられます。

まとめ

絵を描くのが好きだけど現実的は甘くないと感じる人に、イラストレーターの副業はぴったりです。

自分の世界観が受け入れられ多くのファンを獲得できた先には、本業にするという道が見えてくるかもしれません。

スポンサーリンク