『ハンドメイド』で副業!始め方は?どのくらい稼げる?
スポンサーリンク

仕事内容

ハンドメイドとは、自分で材料を買ってきて物を作ることです。

作るものはさまざまですが、ハンドメイドがどちらかといえば女性向けであることから、アクセサリーなどの小物が大半を占めているといって良いでしょう。

100円ショップやホームセンターなどで材料を購入してきて、自分のセンスで完全オリジナルのものを作るというのがハンドメイドのだいご味です。

 

また、自分で作成したものを販売している人もたくさんいます。

たいていは副業としていて、趣味で作成したものに自分で値段を付けて販売しています。

人気商品はブレスレッドやネックレスといったもので、人と同じものは着けたくないという人からもハンドメイド商品は高い人気を集めています。

始め方

手先が器用な人なら、小さなころから身近なものを手作りしていたという人は多いのではないでしょうか。

そのように作ったものを売る方法はいくつかあります。

 

例えば、ネット上では好きな商品を専門に売買するハンドマーケットサイトがよくあるので手軽に始めることができます。

minneやtetote、Creemaなどのサイトがよく知られたところでしょう。

また、mercariやBASE、ラクマといったフリマアプリ、オークションサイトなどを活用する方法もあります。

その他、フリーマーケットであれば対面販売することもでき、購入してくれる人の反応を直接見て次作に役立てることもできます。

どのくらい稼げる?

副業がテレビで取り上げられるとハンドメイドもよく紹介されています。

そのようなところに登場する人は、月に100万円以上稼いでいる人もいるようです。

しかし、高額を稼ぐのは稀なケースといっても良く、中には月に千円がやっとという人も少なくありません。

材料費を差し引けばマイナスという人もたくさんいますし、制作にかける時間や労力を考えればあくまで趣味と割り切っている人も多いです。

本気に収入にしたいと思うのなら、アルバイトに出た方が現実的といえるのかもしれません。

 

しかし、地道に制作を続けるなどして人気商品を作れるようになると、ハンドメイドそのもの以外から収入を得る道も開けてきます。

例えばハンドメイド商品についての本を出版したり、ハンドメイド教室を開くといった方法です。

人気商品を生み出すには、ユーザーがどのような商品を買いたいと思うか、しっかりとマーケティングする力も求められるといえるでしょう。

まとめ

小物づくりが得意なら、ハンドメイドを副業とするのはオススメの方法です。

ネットやフリーマーケットで手軽に販売することができますし、人の心を掴む商品を作ることができれば高収入も期待できます。

スポンサーリンク