『モーニングコール』で副業!仕事内容、メリット・デメリットは?
スポンサーリンク

仕事内容

モーニングコールの副業は、人気テレビ番組でも取り上げられた主婦にぴったりのお仕事です。

朝の限られた時間内に自宅でできるモーニングコールは、外に働きに行くことが難しい人にはうれしいお仕事といって良いでしょう。

 

仕事の仕方は業者によっても多少の違いがあるものの、たいていは前日にメールで電話をするリストが伝えられます。

1日10~20件程度のリストが送られ、名前と電話番号、希望の時間が明記されています。

電話機は自分のものを使ったり業者から支給されたりとさまざまですが、非通知設定でOKなので相手に番号を知られる心配はありません。

 

実際に電話を入れる時間は、だいたい午前5時~10時くらいです。

朝の挨拶をしたら時間になったことを知らせ、目覚めについて伺うなどして電話を切ります。

各業者共通の注意点としては、家族の話し声やペットの鳴き声などが入らないようにすることです。

モーニングコールの副業は静かな環境が整っていることが条件といえるでしょう。

メリット・デメリット

仕事内容も簡単で時間もかからないモーニングコールの副業は非常に魅力的といえそうです。

1回のコールにかける時間はほんのわずかというケースも多く、ごく短時間で済ますことができます。

たいていの業者はノルマの設定などもなく気軽に取り組むことができるでしょう。

スマホが1台ありさえすればスタートさせることができます。

 

このようにメリットがとても多いのですが、デメリットも考えられます。

例えば、短時間でできることから1電話当たりの稼ぎはそれほど期待できるものではありません。

また、1日に電話する件数も限りがあることから、副業といってもある程度の収入を得たいという場合にはモーニングコール以外も考える必要があるでしょう。

さらに、朝早い時間帯に稼働するので早起きが苦手という人には不向きといえます。

その他、短時間といっても少しは会話をするので電話が苦手という人は長続きしないかもしれません。

どのくらい稼げる?

業者によって異なりますが、モーニングコールの副業は1件50円~150円というのが作業単価です。

だいたい1日に20~30件担当するのを週に5日行うとすれば、高くて月に3万円程度というのが収入の目安となります。

まとめ

モーニングコールの副業は、外で働くことが難しい主婦に人気のお仕事です。

時間が朝に限られることから他の仕事とも兼業しやすく、お小遣い稼ぎがしたい人に最適といって良いでしょう。

スポンサーリンク