『電柱調査』アルバイトで副業!仕事内容と難易度は?
スポンサーリンク

仕事内容

電柱調査のアルバイトは、実際に現場に赴いて電柱の状態確認などを行なうのがお仕事で、副業としても最適です。

電柱を調査する目的はさまざまですが、光ファイバーやケーブルテレビの回線工事の下調べというものが多くあります。

 

また、ケーブル設置のルートが決定した後に、電柱の所有会社や土地の所有者などを確認する場合もあります。

一人で担当するエリアが広いことから、バイクや自動車などを使って現場を回るというのがほとんどです。

市街地はもちろんのこと、住宅街や山間部など、ありとあらゆるところが現場となる可能性があります。

 

たいていは前日までに自分の担当するエリアが割り振られているので、当日の作業は直接現場まわりからスタートします。

1日に10~20か所ほどまわって電柱の写真を3~4枚撮り、それぞれ電柱プレートがあるか、汚れや破損がないか、また、ケーブルに樹木が接触していないかなどいくつかの項目をチェックしていきます。

チェック項目は10個ほどありますが、1つの電柱にかかる作業時間は数十分といったところでしょう。

担当する電柱の撮影をしてすべての項目チェックができたら会社に帰ります。

会社に戻ったら、写真の整理や作業報告などを行って1日の作業が終了となります。

難易度

前述したように電柱調査のアルバイトはそれほど難しい仕事内容ではありません。

写真を撮って決められた項目についてチェックするだけです。

しかし、回るエリアが広いことからチラシ配りのように徒歩や自転車というのは向いていないでしょう。

募集要項にはたいてい「原動機付自転車免許をお持ちの方」というのが条件に挙げられています。

学歴や社会人経験などは不問なのですが、免許を持っていることは必須の場合が多いです。

おすすめの人

電柱調査のアルバイトは、担当するエリアを一人で回るので人間関係が苦手という人にもおすすめです。

作業後は会社に戻ることになりますが、1日の大半は一人きりの作業となります。

会社勤めで人間関係に疲れ果てた、などという人にも最適な副業といって良いでしょう。

まとめ

電柱調査のアルバイトは、知らない土地にも行って電柱の状態をチェックするのがお仕事です。

一人で行うことからリラックスして収入を得られることがメリットといって良いでしょう。

写真撮影といってもハイレベルなものを要求されることもないので、原動機付自転車免許さえ持っていれば誰にでもできる副業です。

スポンサーリンク