『遺品整理』アルバイトで副業!仕事内容は?どのくらい稼げる?
スポンサーリンク

仕事内容

遺品整理のアルバイトは、亡くなられた人が使っていた物品を遺族に代わって整理するお仕事です。

これまでは遺族が行っていた作業でしたが、核家族化が進むなどさまざまな背景によりこのような仕事が生まれました。

孤独死などが社会問題になっているように、今後はますますニーズが高くなる仕事といって良いでしょう。

また、遺品整理の仕事は遺品整理とともに清掃も含まれ、清掃は簡易的なものと特殊清掃とがあります。

特殊清掃というのは、孤独死などがあった現場を清掃するもので、その分、報酬は高く設定されています。

 

遺品整理の仕事は、遺族からの依頼を受けると、現場に赴いて事前確認を行うことから始まります。

実際の仕事内容を確認して見積もりを出し、契約が結ばれるとお仕事が決まります。

契約時に決めた日時に現場に行き、貴重品や形見として残すもの、買い取りできるもの、廃棄するものなどに分類し、後は撤去と清掃、供養をして終了となります。

ただし、副業やアルバイトで行う場合は、見積もりや契約などを行う必要はありません。

どのくらい稼げる

遺品整理のアルバイトでは、安くて7,000円、高ければ15,000円くらいの収入を得ることができます。

時給でいえば1,000~1,500円程度というのが目安になります。都市部に行くほど高く設定されており、地方ではこれよりも下がることがあります。

作業時間は短ければ3時間程度、長ければ6~8時間といったところでしょう。

1日に複数の現場をまわることもありますが、たいていは移動時間にも賃金が発生するのはこの仕事のメリットといってよさそうです。

週に1回程度副業すれば月に3万円以上の収入を得ることができるので、効率が良い仕事といえます。

 

しかし、募集要項を見て報酬の高いものは、前述したように特殊清掃が含まれるケースが多いので注意が必要です。

孤独死という現場に立ち会えば精神的に相当なストレスになることが予想され、作業もかなり大変です。

需要はますます高くなることは間違いありませんが、希望者の多い仕事とはいえないでしょう。

おすすめの人

このように、遺品整理のアルバイトは将来性もあり副業としても最適です。

特別な資格や学歴も必要なく誰にでもできる仕事ですが、本格的に稼働していくなら遺品整理士や遺品査定士などの専門資格を取得するのも良いでしょう。

収入の高さを目的に副業するなら、覚悟を決めた上で特殊清掃込みの仕事を選ぶというのも一つの方法です。

まとめ

遺品整理のアルバイトは、今後ますます増えることから副業に最適です。

慣れればどの現場でも作業は効率良く進めることができて稼ぎやすいお仕事です。

スポンサーリンク