介護職
スポンサーリンク

高齢化社会が深刻化する日本で、引く手あまたの介護職ですが、一方で仕事の大変さや人手不足によるオーバーワーク、待遇の悪さなどが取りざたされることがあります。

実際に転職を志した方は、どんな理由で辞めたいと思ったのか、気になる理由を見ていきましょう。

理由①仕事が合わない

介護の道を志して、知識や技術を学び、実習をこなしてきても、実際に仕事に就くと思ったような仕事ではない場合や自分に適性がないと感じる方も少なくありません。

これは介護の仕事に限らず、どんな仕事にもいえることです。

また、介護の仕事といってもさまざまな種類があり、職場の環境もさまざまです。

最初に就職した職場での仕事は合わなくても、ほかの介護の仕事ならやっていける可能性があります。

たとえば、夜勤のある老人ホームでは生活リズムが整えられず、自分には無理と思ってしまった方も、昼間のみのデイサービスの仕事なら、やりがいを持って続けていけるかもしれません。

そのため、仕事が合わないからと必ずしも、異業種ではなく、介護の業界で別の仕事に転職する方も少なくありません。

理由②仕事がハードすぎる

人手不足の場合や介護度が重度な人が多いのに必要な人材が配置されていないなどで、毎日残業が発生する、夜勤や早番、中番などのシフトが入り乱れていることで、体調を崩してしまう方も少なくありません。

こうした方は、いったん仕事をお休みし、別の仕事に転職した後、自分に本当に合う仕事を考え、再び介護の現場に戻ってくる方もいます。

人材が充実している職場や自分のペースで働ける訪問介護事業所などに転職する方も少なくありません。

理由③職場環境が悪い

丁寧で親身なサービスを提供することを志してきたのに、職員が入居者を邪見に扱っている、求められているサービスを提供していないなど品質が悪い施設なども残念ながらあるものです。

入居者のことを考えると後ろ髪引かれる思いではあるものの、こんな職場では自分の志が全うできないと転職を決意する方もいます。

理由④待遇が悪い

頑張っているのに給料が上がらない、残業代が未払い、福利厚生が整っていないなど、ハードな仕事に見合う待遇が得られないのも転職を選ぶ一つの理由です。

介護職としてケアマネジャーなどの資格を取得したいと思っても、教育支援制度や資格取得制度がないなど、独自に自費で頑張らなくてはいけないといったケースなども不満になることがあります。

より高い給与や資格支援制度などが充実した待遇のよい職場を求めて、転職を決意される方も少なくありません。

理由⑤もっとステップアップしたい

介護職としてより経験を高めて、エキスパートになりたいと前向きかつ積極的な理由で転職を志す方も少なくありません。

デイサービスで経験を積んだから、今度は夜勤などもこなす老人ホームで経験を積みたい、より重度の介護者が入所する施設で介護のノウハウを高めたいといった方もいることでしょう。

また、施設サービスではなく、訪問介護の道を目指したいという方もいますし、その逆もいます。

ケアマネジャーなどの資格を取得することやいずれは介護施設の施設長や管理者になりたい、いずれは自分で施設を造りたいと、キャリア形成のための転職を目指す方も増えてきました。

施設やサービスによって、対象となる高齢者の介護度なども異なっており、さまざまな事例を経験することで、介護ノウハウなども身に付いていきます。

1つの職場で長年働き、ベテランとして頼りにされるのも、もちろん一つの道ですが、多くの経験を積むことで、高齢者により適切な介護ができるようになることやそのご家族に寄り添える気持ちを持てるようになるなど、成長が期待できます。

スポンサーリンク