20代女性
スポンサーリンク

高齢者を助けることや人の役に立つ仕事がしたいと思って介護職に就いたけれど、働いてみたら想像してよりも、大変だったと感じている方も多いことでしょう。

介護のお仕事はとても大変なので、せっかく就職しても、短期間で離職してしまう方がたくさんいるのが現状です。

 

特に、20代の若い方ほど、介護業界からの転職を考えている方が多いともいわれています。

 

どうしても介護職が合わないと感じたときには、転職を考えてみるのもよいかもしれません。

20代の女性であれば、転職先は割とたくさんありますので、それほど心配しなくても大丈夫です。

未経験の業種であっても、20代の若い方であれば歓迎している会社も多いので、介護以外にやりたい仕事があるのであれば、思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか?

おすすめ①ショップ店員など販売系の仕事

介護経験を活かせる転職先として一番おすすめなのは、人と接する販売系のお仕事です。

洋服や雑貨や食品などの販売員ならば、多くの高齢者と接して身に付けたコミュニケーションスキルを活かして働くことができます。

 

特に、アパレルショップの販売職は、20代の女性を積極的に採用している会社が多いので、狙い目な職場です。

 

若い方向けのファッションを取り扱うお店は、20代の強みを最も活かして働ける職場なのです。

販売職は、毎日たくさんのお客さんと接する仕事なので、人と話すことが好きという方ならば、楽しくお仕事ができることでしょう。

おすすめ②レストランやカフェなど飲食関係の仕事

レストランやカフェなど飲食関係なども、介護経験者におすすめのお仕事です。

飲食店には、小さいお子さんから、高齢者の方まで、幅広い年代の方が訪れますので、介護で身に付けたコミュニケーションスキルを発揮できる職場です。

介護経験者は、細いところまで気が付いて気を配ることができる能力も高いので、サービス職にはとても適しています。

 

飲食業界も、若い方を募集している会社が多いので、20代の女性であれば十分にチャンスがあります。

 

20代のときに飲食店で経験を積んでから、独立される方もいるので、将来的に自分のお店を持ちたいと考えている方にもおすすめです。

おすすめ③営業職の仕事

営業職も、介護経験者におすすめのお仕事です。

営業職は、お客さん、取引先と深く関わることになるため、高度なコミュニケーションスキルが求められます。

 

多くの高齢者のサポートをしてきた介護経験者ならば、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。

 

営業職といっても、会社によって取り扱う商品やサービス内容は、異なりますので、まずは自分が興味がある分野の情報をいろいろと調べてみることをおすすめします。

おすすめ④人を助ける仕事に興味があるなら福祉系の仕事

人の助けになるようなお仕事したいのであれば、生活相談員やホームヘルパーや就労支援員など福祉系もおすすめです。

身体や心に障害やハンディキャップを抱えている方たちを支援する福祉系の職場では、介護経験者が大歓迎される傾向にあります。

高齢者の介護経験は、身体の不自由な方をサポートする際にも、大いに役に立ちます。

【まとめ】20代の若い女性ならばチャンスはたくさん転がっている

以上、販売職、営業職などおすすめの仕事を紹介しました。

 

ただ、どんな職種でも20代の若い女性であれば、転職のチャンスがたくさんあります。

 

介護のお仕事で培ってきた経験や知識などは、意外と多くの職場で活かすことができるのです。

 

介護しか経験がないと諦めるのでなく、介護のお仕事をしてきたことに誇りと自信を持って、転職活動に臨むようにしてみてください。

スポンサーリンク